見やすいホームページを作るには

文章を読みやすくしよう

特に文章を中心とするホームページを作るときに注意したいのが、文章、つまりは文字のことです。紙の本などにも共通して言えることですが、普段は何気なく目にしている文章には「行間」が存在することを知っていますか?行間というのは、文章と文章の間の空間のことです。これがあるのとないのでは、文章の読みやすさが格段に変わってきます。文字を詰め込み過ぎず、適度な間をあけて、読む人に負担をかけないようにしておきましょう。
ホームページを作成していると文字の大きさも変えられますが、こちらも配慮が必要です。読みやすい大きさを心がけるのはもちろんのこと、見出しなどの重要な部分は少し大きめの文字にするなどの工夫を加えることで、読み手にわかりやすく情報を伝えることができます。

背景色と文字の色の関係性

白い背景に黒い文字という一見スタンダードな組み合わせは、液晶では意外と目に負担がかかります。逆に黒い背景と白い文字で想像するとわかりやすいですが、色の違いが強すぎる組み合わせを発光する画面上で目にすると、目がチカチカして非常に読みにくいものです。長い文章を読んでもらいたい場合には、ホームページの背景色と文字の色の組み合わせにも気を配りましょう。
無難な組み合わせにするならば、「灰色の背景と黒い文字」や「白い背景と灰色の文字」などがおすすめです。もっとカラフルな色を使いたいときには、なるべく背景の色を淡くしたうえで、文字の色を濃い目にすると失敗が少ないと思います。
せっかく努力して製作したホームページを見た目だけで敬遠されないように、細かなところまで気配りを欠かさないのが大切です。

HP制作を効果的に行う上で、デザインやレイアウトなどにこだわりながら、見栄えの良いサイトを作ることが大切です。